退職・定年

いずれ避けることが出来ない退職、誰もが1度は経験することになります。
失敗しないように、しっかり準備しましょう。

詳しくは退職どっと明日サイトをご覧ください。退職前後の手続きと退職後の長い生活への準備について調べています。
順風満帆に昇進・昇給してきた人も体調を崩されたり、身内の介護、また会社都合で突然退社を宣告される事があります。どなたも最終的に定年を避ける事は出来ませんし、定年数年前には「役職定年」の名目で給料を下げられることもあります。

サイトはこんな構成になっています。
退職の前に
退職の手続き
暮らしのお金
老後の不安
年金
老後の準備

退職
嫌で嫌でしょうがない仕事でも、ヘッドハンティングやスキルアップの為の転職でも、落ち着いて考えましょう、自分の値段をチェックするのも大事です。
それでも辞めるなら、辞めざるを得ないなら、損をしない退職手続きは必要です。
辞めて直ぐには失業保険はおりません。金額も思っているより低いかもしれません。
普段の我家の生活費を把握しておくことが大事です。奥さんにも打ち開けて協力してこの難関を乗り切らなければなりません。

定年
定年の不安の一番手はお金です。退職でも掲げた普段の我家の生活費を把握しておくことが大事です。退職後も働いている時の70%くらいの生活費は必要なようです。退職後の収入と大きな差がある場合、方法はただひとつ出を抑えるしかありません。
年金は定期便や職場の年金基金で総額を確認しておりましょう。定期便の年金額に基金の代行部分とを併せた額になります。
年金生活者は収入の月平均額が21万2835円、支出の月平均額は26万7546円、毎月およそ5万4000円の赤字だそうです。
これをどう手当てするかが、老後の準備です。退職金を年金で10年貰う、個人年金保険をかけておく、貯金を準備する、働く、、、、
退職金でローンを返済する予定の方も多いと思いますが、まだ30年くらいある老後の資金についても注意を払う必要があります。
必ず来る退職・定年リスクへの心構えが大切だと感じています。